日本の精神科の特徴

日本の精神科は分かりやすい

日本の精神科の特徴はハッキリとしています。現在では治療方針として多い傾向にあるものが投薬治療のみ行う場合です。薬の効果によって病気の問題を解決し、寛解へ向かって行くと言うパターンが非常に多いので、投薬治療をメインの方針にしていると言えます。医師によっては、投薬と同時にカウンセリングやデイケアなどの治療に必要なサービスを勧める場合もありますが少数になっている傾向があります。投薬治療をメインに治療をしていく特徴のある日本の精神科は他国の治療と比較をした場合に少し異なる特徴があるものです。しかし、日本の精神科の治療が間違っている訳ではありませんので受診に不安な気持ちを持つ必要はありません。症状に合わせて適切な薬を処方していく事によって寛解を目指せる病気が精神疾患です。

日本の精神科は遅れている?

日本の精神科は現在では治療の理論が遅れていると言われる事もあります。それには様々な理由があるものですが、実際に遅れていると確証を得られるものではありません。他国の場合には、認知療法などの治療方法をメインにして投薬をサポートにしておく考えが多い傾向が見えます。日本の場合は逆で投薬をメインにして、認知療法をサポートにする特徴になります。認知療法とは、カウンセリングやデイケアなどの治療を指す言葉として捉えて下さい。日本はストレス社会となっておりストレスの原因を絶つ事は難しいので、精神疾患を再発させてしまう場合が多いです。そのような時に薬で症状を抑える事は間違いではない治療になります。しかし、認知療法によってストレスを緩和させる方法も効果がありますので、どちらも正しい治療と言えるでしょう。